分類なき記事

高圧洗浄機の代名詞《ケルヒャー》が大活躍した瞬間!!

先日、ベランダにハチの巣ができておりました・・・。

ハチとクモはこの世で一番嫌いな生き物なので、このまま放置して業者を呼ぶか、大きくなる前に居ない隙を狙って除去するか、人生の選択を迫られた訳です。

そこで、ガレージのコンクリ洗浄用に購入したケルヒャーの出番です。

ハチが巣を作る成分?を取りに行っているうちにケルヒャーで除去しました。

最近は出番がなく物置で休んでいる事が多かった我が家のケルヒャーですが、こんな大役をこなしてくれて本当に買って良かったと思っています。

なお、この様な使い方は正しい使い方ではない可能性がありますので、ケルヒャーを使用してハチの巣を除去する際には、自己責任でお願い致します。

さて、話を戻しますと、今回はケルヒャー良いよ!!っていう記事です!!

ケルヒャーとは??

もう有名になりすぎていて《ケルヒャー》というワードを聞いたことない人はいないんじゃないかと思いますが、ドイツ発の高圧洗浄機等の清掃システムを提供している会社で、家庭用品の日本市場のシェアは65%に及ぶほどの人気商品群を抱えます。

欧米では高圧洗浄機で洗う事を「ケルヒャーする」などと言うほどの人気商品になっているとのことで、それほど人の生活に根付いているという事ですよね。

また、最近になって有名になった印象がありますが、設立は1935年。

日本においては高圧洗浄機やスチームクリーナーを始め、窓用バキュームクリーナーなど家庭用から業務用まで幅広いバリエーションで清掃機器を提供しています。

ケルヒャーを買って良かった点

かなり大きめなイメージを持たれがちですが、縦型でスリムなので空いた所に収納できます。

私は同じ圧力でどこでも洗浄してしまいますが、圧力は一定ではなく調整ができるので、コンクリートだったりベランダの床だったり、車の洗車にも使用可能です。

洗車には一回も使った事はありませんが、洗車用の洗浄剤も売っている様ですので、こちらで汚れを一気に落とす事も可能です。

これから暑くなってくるので、自宅のガレージで手洗い洗車している方には必須ですね。

今まで使ってきて一番気持ちよかったのは、家の周囲のコンクリートに付着するコケや黒ずみが水をあてると綺麗に白くなっていくのが最高でした。

水道が近くになくても貯めた水からの放水もでき、とにかく静かで、使う側の事を考え尽くした本当に良い商品だと思います。

購入前はデッキブラシで一生懸命掃除をしていたものの、水の圧力で簡単に汚れを落としてくれるので、放水口を汚れ(綺麗にしたい場所)へ向けて水を出せば力を入れずに綺麗にしてくれる優れものです。

掃除をする時間も洗剤の量も、ケルヒャーを使って掃除をするのとデッキブラシで掃除をするのでは大幅に削減できます。

あなたなら、余った時間を何に使いますか?

結構な値段しそうなイメージが・・・

購入するまではケルヒャーと聞くと一番有名なメーカーだし、高そうなイメージを持っていました。

ピンキリとの言い方が適切ではないかもしれませんが、意外とリーズナブルなモデルも用意されているので、私は下から2番目くらいのモデルを買いました!

↓↓こちらですね↓↓

落ちなきゃ落ちないで諦めがつく価格を選んだものの、大満足です。

もっと本格的に使いたいという方は上位モデルもあります。

高ければ高いほど機能面や効果において優れているのは容易に想像ができますが、心配な方は中型モデル等でも良いかもしれないですね。

最後に一言

1時間かけてガレージや家の周囲のコンクリートをデッキブラシでゴシゴシしてましたが、ケルヒャー導入後は30分しないくらいで終わってしまいますから、本当に大掃除の時や汚れが気になった時は助かりました。

一般的な水道ホースが接続できる丸蛇口であれば接続可能で、30分使用した際の電気代は約15円、外壁・窓ガラス・網戸・車・玄関など基本的にはどこでも使用が可能です!!

正直、外壁は中型モデルから大型モデルじゃないと厳しい様な気がしますが、30分15円で楽が買えるなら十分に元を取ってますよね。

コンクリートの汚れが気になっていたり、掃除を楽にしたい方にはケルヒャー必須です。

では、また!!

ABOUT ME
しじみ
しじみの味噌汁が大好きな20代後半の元銀行員ブロガーです。今は執筆活動や動画編集等を行っており、このブログではテーマを決めずに色々と書いていきます。まだまだ発展途上のブログですが少しずつ良くしていければと思ています。ブログを通じて色んな方と関わる事ができれば幸いです。