金融ネタ

学生でも大丈夫!申し込み可能なクレジットカード!

学生でも申込可能なクレジットカードがあるのをご存知ですか?

現在、日本で発行されている大半のクレジットカードで審査へ申込ができる年齢は満18歳以上となっています。

高校生は申し込む事が出来ませんが、満18歳以上の学生についてはクレジットカードによって申込可能なカードと申込不可のカードとに分かれています。

学生でも未成年の場合には親権者である親の同意が必要になるケースがほとんどなので、親の説得が鍵になってくると思われますが、親が援助してくれたりアルバイトなどをして収入があれば親の同意を得る事はさほど難しくはないかもしれません。

学生のうちはクレジットカードを持つなんてとんでもないと考えている親であれば、審査への申し込みを行う際の同意を得る事はかなり難しいとは思います。

ただ、学生とはいえ、キャッシュレスで買い物ができ、また公共料金の支払いや携帯電話料金の支払いなどでポイントが貯まるクレジットカードがあれば、自分のライフスタイルがより良いものになる可能性がありますので、最低でもカードの1枚は保有したいところかも知れません。

そこで、今回の記事では満18歳以上の学生でも審査への申し込みが可能なクレジットカードについていくつか解説していきます。

そもそも学生の定義とは?

一言で学生とはいっても、今は大学や各種短期大学、専門学校など、高卒後それぞれの目的別に進学する学校が異なっているため、どこまでが学生に含まれるのかが今一つ分かっていない人がいるかも知れません。

そこで、クレジットカードの審査における学生の定義です。

大学院生にもなればもう少し上限年齢が上がると思いますが、高校生を除き大学生や短大生、専門学校生や大学院生など、18歳~24,5歳前後までの方を指しています。

審査における学生のカード発行基準は?

では、学生には大学生や短大生や専門学校生などいくつかの種類に分けられると解説しましたが、こういった学生の場合のクレジットカード審査では、どのような評価(発行基準)になっているのかをまとめてみましたのでご覧下さい。

種類別 発行可否 解説
高校生 × 高校生は問答無用で不可
大学生 作成可能
高専生 4年制や5年制の場合、年齢が18歳や19歳であれば可能性あり
短大生 作成可能
専門学校生 作成可能
大学院生 基本的に作成可能。ただし年齢が高くなると年齢制限に引っ掛かる可能性あり

 

いかがですか?

大学生や短大生、専門学校生は基本的に条件無しでの作成が可能ですが、大学院生や高専生は条件付きでの発行になる可能性があります。

大学院生や高専生の場合には、一部学生における年齢制限に引っ掛かる可能性があるため仕方ありません。

ただ、いずれの場合も未成年だと親権者の同意が必要になります。

学生でも申込可能なクレジットカードは?

ここからは、学生でも申込が可能なクレジットカードについて、いくつか解説していきます。

学生とはいえ、現在のクレジットカード社会ではカードが1枚あれば快適な生活を送る事が可能となっていますので、是非参考にしていただければと思います。

三井住友VISAデビュープラスカード

実質年会費永年無料の学生や新社会人向けのクレジットカードで、三井住友側も「最初に作るなら、このクレジットカード!」と宣伝をしています。

ポイント還元率はあまり高くないですが、安心の三井住友ブランドである事とデザインがカッコいい点が魅力的ですよね。

学生の場合、クレジットカードを作る事が初めてという人が多いと思いますので、そんな時にはやはりクレジットカード業界においては一流の三井住友カードはお勧めです。

楽天カード

テレビCMや各種広告などで知名度上昇中の楽天カード

楽天系列だけではなく、コンビニやドラッグストアなどなど、あらゆる場所でポイントが貯まります。

とにかくポイント還元率が高いため、ポイント重視で利用する方にお勧めです。

イオンカード

イオンカード(WAON一体型)なら、イオングループの店舗で買い物するだけで、ときめきポイントが常時2倍付与されます。

更にCMでもお馴染みですが「20日30日は5%OFF♪」となっていますので、毎日の買い物でポイントも貰いつつ割引もしてもらえるお得なカードです。

近隣にイオン系列の店舗がある方や、自炊や生活用品をイオン系列の店舗で購入している方にはおススメしたいカードです。

まとめ

さて、これ以外にも学生が申込可能なクレジットカードはありますが、それら全てを紹介すると見ている方が混乱するかも知れませんので、私の独断で厳選して紹介しました。

また、あまりにも多い申し込みを同時に行う事で審査に影響が出る可能性もありますので、この記事では3つのみの紹介とさせていただきます。

こうして見ると、各カードによって特徴がありますので、自分のライフスタイルに合った1枚もしくは2枚を選択していただければと思います。

親の同意が得られない人にはデビットカードがお勧め

親の同意は得られない、でもクレジットカードを持ちたい!と思っている人は多いかと思います。

ただ、未成年の場合には法律上どうしても親の同意が必要になるため、親の同意を得る事が出来なければ審査への申し込みが出来ません。

審査への申し込みが出来ないのであれば、それはすなわちクレジットカードを作る事が出来ない事になりますが、そんな時に全てクレジットカードと同じ使い方が出来るという訳ではありませんが、似たような使い方が可能なデビットカードがお勧めです。

そして、このデビットカードですが、未成年の学生でも一部を除いて審査不要で持つ事が可能となっています。審査不要で持つ事が出来ますが、デビットカードを発行している銀行の口座開設が必須となっており、その銀行口座にお金が入っている事が条件になります。

もっとも、一般的なクレジットカードを使えばその支払いにお金が必要になるため、お金が必要という条件はたいして苦にはならない事でしょう。

また、銀行口座開設にしても、近年ではネット環境の普及によって口座申込よデビットカードの申し込みが全てネット上で完結可能となっているため、口座開設&デビットカード申込からおよそ1~2週間程度でカードが送られてきますので、その作り方はとても簡単です。

デビットカードに関しては、また別の記事でご紹介しますのでしばらくお待ちください。

では、これまでの内容と3つ候補に挙げたクレジットカードを参考にしていただき、あなたにクレジットカードが無事に作成されますよう、私も願っております。

ABOUT ME
しじみ
しじみの味噌汁が大好きな20代後半の元銀行員ブロガーです。今は執筆活動や動画編集等を行っており、このブログではテーマを決めずに色々と書いていきます。まだまだ発展途上のブログですが少しずつ良くしていければと思ています。ブログを通じて色んな方と関わる事ができれば幸いです。