楽天

誰でも出店できる楽天市場!副業の出店も可能!

さて、突然ですが皆さんは楽天で買い物をした経験はありますか?

楽天といえば、知らない人はいないのではないかと言うくらい有名な国内最大のECサイトですが、出店数は2020年5月7日現在で49,835件を誇ります。

海外勢で言えばamazonが有名な所ではありますが、楽天は国内最大級の電子商店街です。

今回は、そんな楽天市場で買い物をする立場ではなく売る側の立場での記事を書いていこうと思っています。

楽天市場とは

さて、出店するにあたって【楽天市場】とそれを運営する【楽天】について再確認しておきましょう。

楽天市場とは、冒頭にも申し上げました通り楽天が運営する国内最大級のECサイトで、出店数は2020年5月7日現在で49,835件、商品数は269,371,923点とかなり大規模なショッピングサイトとなっています。

ECサイト(イーシーサイト)とは、自社の商品(広義では他社の商品)やサービスを、インターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことである。ECとは英語: electronic commerce(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略。

Wikipedia

楽天市場は楽天本体の事業であり、他に書籍等販売の楽天ブックス・宿泊および旅行予約の楽天トラベル・電子決済の楽天ペイ等がありますが、連結子会社に楽天モバイルや楽天カードを抱えるなど顧客の囲い込みがしっかりとできています。

楽天市場へも顧客が流れるようにできていて、さすがです。

流通額に関しては市場単体ではありませんが、トラベル(宿泊流通)、ブックス、ゴルフ、チケット、ファッション、ドリームビジネス、ビューティ、デリバリー、 楽天24(ダイレクト)、オートビジネス、ラクマ、Rebates、楽天西友ネットスーパー等の流通額の合計で約3.9兆円、伸び率は13.4%となっています。

会員ID数は1億1,140万で、今後も更に増加するものと予想されます。

副業にも!?楽天市場で出店する

さて、ここまで楽天および楽天市場に関してざっくりと解説してきました。

会員ID数や流通額に加え、多種多様なサービスで数字を上げている事が分かりいただけたのではないでしょうか。

そんな楽天市場ですが、法人でも個人でも出店する事ができる事から、中には副業として出店する方もいます。

楽天は非常に面倒見がよく、出店に少しでも興味がある方向けに資料をタダで配布していますので、出店に関して色々と知りたい方や初めての出店で心配な方などは、ぜひ資料を取り寄せてみるのも良い第一歩となるでしょう。

ガイドブックの詳細は・・・
・楽天市場とは(環境)
・運営方法(システム)
・ネットでの売り方(ノウハウ)
・出店までの流れ
・出店プラン詳細

また、資料請求で成功事例集「店長奮闘記」もプレゼントしてもらえますので、楽天市場への出店者がどの様に始めてどの様に成功したかといった事例集も今なら貰えます。

楽天市場には「ECコンサルタント」が1店舗に対して1人つきますので、20年以上前の創業当初から続くこのサポート体制で、売れるショップづくりをサポートしてくれます。

充実のサポートで初心者でも安心、無料の資料請求はこちらからどうぞ。

まとめ

今回の記事では、ネットショップの運営を考えている法人や個人を対象に、楽天市場または楽天についての説明と、出店に興味がある方にこんな資料がありますよというのを、長くなり過ぎない程度に要点をまとめて書いてみました。

個人(本業もしくは副業)でネットショップを開設したいと考えている方や興味がある方、実際に店舗を持っている方や既に楽天以外でネットショッピングをしている方など、このブログを読んでくれている皆さんのお役に少しでも立てられればと思っています。

 

では、また!

ABOUT ME
いでと
20代後半の会社員ブロガーです。このブログではテーマを決めずに色々と書いていきます。まだまだ発展途上のブログですが少しずつ良くしていければと思ています。ブログを通じて色んな方と関わる事ができれば幸いです。