分類なき記事

あおり運転も問題だけどあおられ運転は?

 

昨今話題になっている「あおり運転」について、報道される部分と実際に高速道路を走行中に起きている現実は違うものがあるんじゃないかと思う部分があるし、ちょうど今ニュースでやっているので今日はその辺について書いていこうと思いまーす!!

 

個人的には「あおられ運転」も問題だと思っているので、その辺についても…

 

あおり運転の危険性について

 

いわゆる「あおり運転」については2017年6月だったかと記憶していますが、東名高速で進路を塞がれたワゴン車に大型トラックが追突する悲しい事故が発生し、今まで以上にニュースなどで注目する機会が増えました。

 

上記の事故においての発生までの経緯はご存知かと思いますが、あおり運転は重大な交通事故に繋がる非常に危険な行為で、下記の違反として処理される可能性があります。

 

あおり運転から発生し得る違反について

・車間距離保持義務違反

・進路変更禁止違反

・急ブレーキ禁止違反

 

あおる方だけが悪いのか

 

プライベートでも仕事でも車を運転する事があり、高速道路も頻繁に利用する自分からしたら、問題はあおる方だけにあるんじゃないと思っています。

 

決してあおり運転を良しとしている訳ではないですからね。

 

仕事やプライベートで高速走ってても「あなたは何を追い越してるの?」って車って絶対にいるんだよ、走行車線に誰もいないのに追い越し車線を走り続けてたり、走行車線の車と並走しながら追い越し車線を走ってる車って。

 

あおり運転だけを取り締まるんじゃなくて、あおられる原因を作っている方も通行帯違反での取り締まりを強化していかないと、あおり運転ってのは減らないよね。

 

個人的には、報道などで見るあおり運転は少なくとも半分はあおられる方に原因があるんじゃないかと思っています。

 

一番たち悪いのは前が詰まってるのに…

 

一番たちが悪いのは、前が詰まってるのにあおってくるバカ。

 

例えば80キロの道を詰まってきてて70キロから80キロで走っていたとしよう。

 

どの車線も車が走っていて急ぐに急げないのに、車線をウロウロしながらピッタリ後ろに付けてくるヤツが一番タチ悪いよね。

 

渋滞やノロノロ流れている時に、少しでも早く目的地に着きたいのは皆同じです。

 

しかもウロウロ縫って走る様に先に行っても、案外変わらないんだからさ。

 

個人的にはあおり運転はゼロにはならないと思うし、少しでも少なくするのであれば通行帯違反も同時に取り締まりを行って、ヘリによるあおり運転も容赦なく取り締まる。

 

そういうのが報道やSNSされていくことによって減っていくのではないかと思います。

 

あおり運転・あおられ運転への対策

 

なんとなくお分かりかと思いますが、ドライブレコーダーです。

 

証拠となる物を映像で記録してくれますので、何かトラブルに見舞われた際や事故が発生してしまった際、後に提出を求められた時の資料となります。

 

おススメは前後記録してくれるタイプ。

 

 

前方だけではなく、あおり運転に関しては後ろの映像も重要となってきます。

 

最近では安価なモデルも画質が良い物が増えてきましたので、特に上記モデルはナンバーまで鮮明に映し出してくれるのでおススメです。

 

後方からのあおり運転に関してはステッカーも有効です。

 

 

上記2点は後方からのあおり運転に効果抜群で、他にもドライブレコーダーは「後の車(自車)にあおられた」等と通報されたけどあおっていた認識はない場合に有効。

 

交通事故や駐車場での当て逃げにも有効です。

 

買おうか迷っている方はぜひ装着し、大切な車を守りましょう!

 

では、また!!

 

ABOUT ME
いでと
20代後半の会社員ブロガーです。このブログではテーマを決めずに色々と書いていきます。まだまだ発展途上のブログですが少しずつ良くしていければと思ています。ブログを通じて色んな方と関わる事ができれば幸いです。