金融ネタ

レックスカードのメリットやデメリットは?

世の中には様々なクレジットカードがあって、サービス内容なども各クレジットカードで異なってきますが、せっかくクレジットカードを持つのであれば、やはり還元率が高いお得なカードを持ちたいですよね。

そこで今回は、高還元カードの中でも頭一つ抜けているレックスカードについて紹介します。

ここまでメリットがあってデメリットか少ないクレジットカードは、ブログを書くために調べていく中で初めてですので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

レックスカードのメリット

・還元率が高い
・年会費無料
・電子マネーチャージも還元対象
・貯まったポイントを支払いに充てられる
・ETCカードが無料
・ジャックスモールでの買い物がお得
・海外旅行保険が手厚い

今回ご紹介するレックスカードのメリットは上記7つです。

まず、冒頭でも書いたように還元率が高いということ。

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度ですがレックスカードは1.25%です。

そのため、かなりの高還元であるといえます。

例えば年間100万円の決済を行った場合、還元率0.5%のカードでは5,000円の還元ですがレックスカードでは12,500円も還元されます。

これが2年3年と続くと、より大きな差となります。

次に、年会費が無料であるということ。

いくら還元率が高くても年会費に圧迫されては意味がありませんが、レックスカードは年会費がかからないので全く負担がありません。

しかも1度も利用せずとも無料なので、安心して発行できます。

また、電子マネーのチャージも還元の対象になるということです。

モバイルSuicaとSMART ICOCAのみですが、チャージするとポイントが貯まります。

先日ご紹介したリクルートカードと異なり、上限は無いので頻繁に利用する人にはおすすめです。

リクルートカードはおすすめ?メリットやデメリットは?さて、みなさんはクレジットカードを選ぶ時の《基準》ってありますか? 例えば「年会費が無条件でタダが良い」だったり「年会費は抑えたい...

モバイルSuicaを利用する人で現在ポイントが貯まらないカードでチャージしている人がいれば、もったいないのでこのカードに切り替えましょう。

他に、このカードで貯まったポイントは次回の明細から引かれるJデポに交換できます。

Jデポには1,500ポイントから交換でき、1ポイント1円の価値を持ちます。

1口1,500円、2口3,000円というように交換されます。

Jデポの有効期限は3ヶ月間で、その間に請求がなければJデポが無駄になってしまいますので、請求がありそうな月の直近の月に交換するようにしましょう。

レックスカードはETCカードが無料なのもメリットです。

年会費無料のクレジットカードであってもETCカードには年会費がかかったり、発行手数料がかかったりすることがありますが、レックスカードにはどれも料金がかからないのでお得です。

また、ジャックスモールでのお買い物がお得であるということです。

レックスカードはジャックスの発行するクレジットカードなので、ジャックスのサービスとの相性が良いです。

ジャックスモールを経由してショッピングを行うことにより、Jデポの還元を受けられます。

ジャックスモールでの還元率はショップによって異なり、例えばAmazonや楽天、ヤフーショッピングでは0.5%、LOHACOでは1%などとばらつきがあります。

しかも通常の楽天スーパーポイントなどは別途もらえるため、ポイントの二重取りができてしまいます。

最後に、海外旅行保険が手厚いということです。

レックスカードの海外旅行保険は、最高2,000万円の保障があります。

しかも旅行代金をカードで払った場合のみ適用される利用付帯ではなく、所持しているだけで適用される自動付帯です。

その上、実際に起きやすい傷害・疾病の補償が200万円まであります。

年会費無料のカードでは50万円から100万円程度のものが多いため、破格です。

200万円あればアジアなどの保険料の安い国では最低限の治療が受けられます。

このカードだけで足りるとは言い切れませんが、無料の自動付帯カードなので持っておくだけで保険金が増えるという安心感はあります。

レックスカードのデメリット

・還元が2,000円ごと
・電子マネー機能が付いていない

の2つがあります。

まず、最大の欠点ですが還元が2,000円ごとに25ポイントとなっています。

したがって、たとえ1,500円の支払いがあったとしても無駄になりますので、毎月の請求額は2,000円で割ってあまりが少ないように調整しましょう。

また、電子マネー機能が付いていないという点も気になります。

今のクレジットカードは電子マネーやポイントカードの一体型になっているものが多く、持ち運ぶカードの枚数を減らすことに役立っています。

ところが、レックスカードはクレジット機能しか持たないので支払いが不便です。

スマホ決済を利用している人には問題ありませんが、カードを利用した電子マネーなどでの支払いには使えません。

まとめ

レックスカードは年会費無料にも関わらず、高還元であったり電子マネーチャージも還元対象だったりとお得に使えるカードです。

還元が2,000円ごとという欠点はありますが、うまく調整すれば最大1.25%もの高還元なのでぜひ使いこなしましょう。

また海外旅行にも強く、自動付帯で傷害・疾病補償が最大200万円まで出るので海外旅行に行く機会が少しでもあれば持っておきたいカードです。

おまけ(他にオススメしたいクレジットカード)

ベイスターズファン必携【ベイスターズカード】

ベイスターズファン必携【ベイスターズカード】がJCBから登場しました。

ベイスターズ戦の観戦チケットの先行販売に加え、ベイスターズ公式戦観戦チケットや選手の直筆サイン色紙が抽選で当たります。

ゴールドカードは当選確率が2倍になるんだそうです。

その他にも、横浜DeNaベイスターズ主催のイベント(ファン感謝デーなど) に抽選でご招待など、ベイスターズファン必携のクレジットカード。

さらにJCBのサービスに加えEdyも搭載されているので、別にEdyを持つ必要がないため財布がかさばらなくて済みます。

今なら入会キャンペーン実施中との事ですし、特典も色々とありますので、ベイスターズファンの方は必ず持っておいていただきたいクレジットカードですね。

ABOUT ME
いでと
20代後半の会社員ブロガーです。このブログではテーマを決めずに色々と書いていきます。まだまだ発展途上のブログですが少しずつ良くしていければと思ています。ブログを通じて色んな方と関わる事ができれば幸いです。